愛車の部品とプライヤー

ブックマークを!工事系用品情報サイト!

当サイトの管理人は昔山奥にキャンプへ行った時に車のバッテリーが上がってしまったことがあります。
その時に大変な目に遭ってしまったことがあります。

 

それを経験してから私は2年ごとにバッテリーを交換するようになりました。
しかし新品のバッテリー交換って、結構経済的に苦労してしまいます。
そこで、最近注目をされている激安の再生バッテリーに注目をしています。

 

再生バッテリーというのは、最新の技術を使って新品のバッテリーの90%以上の性能を持っています。
さらに通常の新品のバッテリーの値段よりもとても安価で購入することが可能なのでお得にバッテリー交換をすることが出来るようになります。


 

スパナと聞けば、だいたいどんなものかイメージできますし、ほとんどの方がご存じの工具だといえるでしょう。
しかしこのスパナ、実際は使用される事ってそんなにないみたいなのです。
なぜかというと、スパナがボルトに接触する部分ってたった2面しかないんです。そのたった2面を使ってボルトを締めたり、緩めたりするわけなんです。
これでは、慣れない人にスパナを使いこなすことはできません。
自動車整備などの現場でもスパナはよく使用されていますが、この使い勝手のお陰でほぼ工具箱の中で眠っているのが現実で、どうしてもスパナでなければ作業が出来ないという時がこないと、出番がないようです。

 

さてこのスパナの使用方法、目的の物を2面で掴まなければならないわけですから、当然目的のものがすべってしまうこともあります。
それに意外とスパナって重いんですね。もし誤ってスパナを落としてしまえば、他の人に怪我をさせたりする可能性も高いわけです。ですので、スパナを使用する時は、十分注意して扱わないといけません。

 

スパナは、ボルトに沿って平行に使うことが基本です。
少しでもスパナを傾けて使用したりすると、滑ったりもするし、なんといってもボルトを壊してしまう可能性があります。
先端だけを使わずに、しっかりスパナでボルトを包みこむようにして使用しましょう。

 

時々、ボルトが固く回らなかったりすると金槌などでスパナを叩いたりしますよね。しかし、スパナやボルトが壊れる原因になりますのでたたいたりするのは避けましょう。

 
 


- 注目サイト -

荻窪 不動産の情報
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/ogikubo/
荻窪 不動産



愛車の部品とプライヤーブログ:14/4/25
腹筋トレーニングに関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋トレーニングを50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビで減量に成功した有名人が
「日々、腹筋トレーニングを100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

減量に詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
減量効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋トレーニングを100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数のトレーニングは
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
トレーニング学では基本的なことです。

減量では
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
体のラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数のトレーニングは適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
減量では15〜20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15〜20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15〜20回で行い、
2〜3セット行うのが効果的な
腹周りの筋肉の鍛え方となります。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜

 
愛車の部品とプライヤー モバイルはこちら